新規会員登録

簡単 お得 便利

会員登録(無料)されたお客様は、次回より必要な個人情報を入力する手間がかからず、大変便利です。


・ォ・ニ・エ・遙シ


TEAD(テッド)はT-MOTORの正規代理店です。





JRPROPO
















2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
     
     
     
     
    ヘリパーツ > BusChanger(シリアルバスチェンジャー)
     
     
     
     
     
    BusChanger(シリアルバスチェンジャー)
    BusChanger(シリアルバスチェンジャー) BusChanger(シリアルバスチェンジャー) BusChanger(シリアルバスチェンジャー) BusChanger(シリアルバスチェンジャー) BusChanger(シリアルバスチェンジャー)
    BusChanger(シリアルバスチェンジャー) BusChanger(シリアルバスチェンジャー) BusChanger(シリアルバスチェンジャー) BusChanger(シリアルバスチェンジャー) BusChanger(シリアルバスチェンジャー)
     
    商品コード : tbc-001
    希望小売価格 : 8,800
    価格 : 4,800円(税抜)
    数量
     
     
    かごに入れる  すぐに購入    

    3万円以上は送料無料

       
     
    【概要】
    S.BUS(FUTABA) → X.BUS(JR)変換器
    X.BUS(JR) → S.BUS(FUTABA)変換器
    BusChangerは、マルチコプター等のS.BUS受信機専用の機器をX.BUS受信機で、
    また、X.BUS受信機専用の機器をS.BUS受信機で使用するための変換器です。
    最大18ch迄のX.BUS信号をS.BUSシステムの信号に変換することができます。

    【仕様】
      ・S.BUS信号とX.BUS信号の相互変換ができます。
      ・ケーブルの方向性が無く、信号を双方向に変換できます。
      ・本機のLEDで変換の状態を表示します。
         X.BUS→S.BUS変換:青色点灯
         S.BUS→X.BUS変換:赤色点灯
      ・ニュートラル値を自動補正(Futaba:1520us/JR:1500us)します
         ので、中点のずれがありません。
      ・CH1〜CH4のFUTABAとJRの並び違いを自動的に変換しますので
      サーボIDの設定は簡単でスマートに取り付け可能です。
      ・FUTABAとJRの各チャンネルのサーボ動作方向の違いを自動補正しますので、
      動作方向を合わせることができます。
      ・FUTABA及びJRの受信機からのフェールセーフ信号に連動しますので、
      送信機の電源を切るとフェールセーフ機能を発動できます。
      ・最大18チャンネルまで変換することができます。
      ・S.BUS/S.BUS2システム対応

    【規格】
    (S.BUS → X.BUS変換器)
     入力信号:S.BUS
     S.BUSデータレート:100kbps
     入力フレームレート:約15ms
     
     出力信号:X.BUS
     X.BUSデータレート:250kbps
     出力フレームレート:約14ms

    (X.BUS → S.BUS変換器)
     入力信号:X.BUS
     X.BUSデータレート:250kbps
     入力フレームレート:約14ms


     出力信号:S.BUS
     S.BUSデータレート:100kbps
     出力フレームレート:約15ms

    寸法:36.5X10mm(ケーブル除く)
    重量:4g(ケーブル含む)
    動作電圧:4.0V〜8.5V


    【※注意】
    電源をONにする時は必ず送信機→受信機の順にONにしてください。
    受信機の電源がONの状態で本機のコネクタを抜き差ししないでください。
    本機は受信機からの信号のタイプ(S.BUS信号/X.BUS信号)に応じて自動で
    動作モードを切り替えるため、受信機がONの状態でコネクタを抜き差しす
    ると、誤認識して起動しない恐れがあります。
    X.BUS(JR)には、MODE.A にのみ対応しています。

     
     
     
     
     





    ページトップへ


    在庫処分セール
    開催中!


    セール会場は
    こちら!